カサカサ肌に効くクリームランキング!おすすめはこれ

カサカサ肌に効くクリーム!

カサカサ肌になるお風呂の入り方

 

カサカサ肌の人にとっては、肌がかゆくて辛い季節になってきました。そのかゆみの原因は、もしかしたらお風呂の入り方にあるかもしれません。空気が乾燥すると皮膚の水分が失われ、カサカサしたり粉をふきます。乾燥するというのは、幾つにも重なった角質層の水分が失われるということです。そうなると少しの刺激でも反応し、トラブルに繋がります。

 

実際にこの時期は、服が擦れただけでかゆくなることがあるでしょう。これはヒスタミンという物質が原因で、皮膚が刺激を受けることで放出されます。痒いからといって繰り返し掻きむしってしまうと、赤くなって出血したりかゆみが広がっていくので止めましょう。こ

 

のような状態に陥った肌は、外部からのウイルスを寄せ付けてしまい、病気にもかかりやすくなります。乾燥と上手く付き合い、痒みの原因を断ち切ってください。

 

カサカサ肌のかゆみは、お風呂の入り方が原因かもしれません。人間の皮膚には、乾燥から守ってくれる皮脂が絶対に必要です。タオルでゴシゴシと体を擦ったり、洗浄力が強力な石鹸を使うと、その皮脂を落としてしまうので気を付けましょう。石鹸を十分に泡立て、優しくなでるように洗ってください。また、高温のお風呂に浸かるのも、皮脂を落とす原因となります。37℃から38℃のぬるま湯がちょうど良いです。

 

お風呂上りは急速に水分が失われていくので、すぐに保湿をしましょう。できれば6分以内に、早ければ早いほど効果的です。毛穴が開いている状態なので、化粧品の成分が皮膚の奥まで浸透してくれます。お風呂の入り方を見直し、保湿を十分に行ってこの季節を乗り切っていきましょう。

 

子供のカサカサ肌の改善策

 

 

 

乾燥がひどくなる冬は、子供のカサカサ肌が特に深刻な状態です。普段は乾燥しない子でも全身が痒くなって、ひどい場合は夜も眠れないくらいの痒みが伴います。子供にとっては大変なストレスになり、それを見ている母親も辛いでしょう。そこで、驚くほど改善される方法をご紹介します。

 

まず、入浴方法を見直すことです。入浴は体が潤うように思いますが、実は肌の潤い成分が流れ出て逆に乾燥してしまいます。熱いお湯に長時間浸かるのも逆効果のようです。さらに、シャンプーやボディソープは洗い流すときに体に付着するので、合成界面活性剤が含まれない刺激の弱いものに変えましょう。

 

次に、保湿です。カサカサ肌には保湿が欠かせませんが、入浴後すぐに行うと肌に浸透しやすく潤いが長持ちします。続いて、ビタミンを多く摂取することです。カサカサ肌にはビタミンA・ビタミンB・ビタミンC・ビタミンEが効果的だと言います。

 

お肉だったら豚肉(ビタミンB)を多めにメニューに取り入れたり、 人参やカボチャ(ビタミンA)を毎日お味噌汁の具に入れたりと、普段から意識的に摂取するようにしましょう。

 

続いて、爪を短く切ることです。子供に掻いではだめだと注意しても、無意識に掻いてしまっていることが多くあります。子供の肌は大人に比べてデリケートなので、掻くことでさらに肌のバリア機能を低下させ、また痒くなるという悪循環に陥ってしまいます。そういった状態にならないためにも、基本的ではありますが爪を短く切ってあげることが大切です。

 

最後に、手洗いの後はすぐにハンカチで水分をおさえることです。最近では毎年、インフルエンザやノロウイルスなどの感染症が流行っています。そのため、学校では1日に何度も手洗いが徹底されていますが、手の潤いが逃げて結果的に乾燥や荒れの原因となるのです。手洗い後はハンカチやタオルで必ず水分を拭き取るよう、子供さんにも言って聞かせましょう。

 

以上のことを改善すれば、子供のカサカサ肌は大分改善されます。何をしても治らない場合は、医者にかかり薬を処方してもらってください。

 

乾燥肌に効果的な入浴剤

 

 

 

乾燥肌は痒みを伴うことがあるので、血行が良くなる入浴時や入浴後は特に大変です。そのような人には、入浴剤や入浴化粧品をおすすめします。現在は、保湿成分入りの入浴剤が様々なメーカーから販売されていますが、ミルクタイプでオイルが配合されているものが一般的です。

 

セラミドやホホバオイル、オリーブ油、スクラワンなど肌に潤いを与える成分が配合されていたり、ヒアルロン酸やコラーゲンなど基礎化粧品並みに優れた入浴剤が多く、とても選びきれません。

 

さらに、タンパク質分解酵素は肌の洗浄効果あり、試す価値があります。直接的に乾燥肌とは関係ありませんが、肌をきれいに洗浄することは肌質を問わずに大切なことです。タンパク質分解酵素入りの入浴剤を使用すれば、こすり洗いをしなくて済み、肌への刺激を最小限に抑えることができます。

 

入浴剤で乾燥肌を悪化させては意味がないので、色々と試してみて一番自分の肌に合ったものを選ぶようにしましょう。また、温度の高いお湯に長風呂すると乾燥肌を悪化させます。なるべく40℃以下に設定し、入浴後は直ちにカサカサ肌のクリームで保湿をして乾燥を防ぎましょう。

 

入浴剤には、血行促進や疲労回復などの魅力的な効果があります。お風呂に入れることで、香りや湯の色で癒され、くつろぎの空間を演出してくれます。

 

また時には、ビール風呂やゼリー風呂などのインパクトのあるバスタイムも良いでしょう。お仕事でお疲れの方や特別な日に気分転換をしたい方、プレゼントなど、それぞれのシーンにぴったりな入浴剤を選び、バスタイムを楽しんでください。

更新履歴